第46回イノベンティア・モーニング・ブリーフを、2021年10月26日(火)7:30からZoomによるウェブセミナーの形で開催致します。

第46回は、「Google v. Oracleフェアユースに関する考察」をテーマに小和田敦子弁護士がお話しします。講師からの報告後は、いつものように皆様と意見交換をさせていただきたいと考えております。

米国で2010年に始まったGoogle v. Oracleの著作権侵害訴訟について、本年4月5日、連邦最高裁裁判所によりGoogleのフェアユースを肯定する判決が出されました。本件は、GoogleがOracleが権利を有するJAVA APIのうちdeclaration codeの複製を行ったところ、著作権を侵害するものであるとしてOracleが訴えを提起したという事件です。原審である連邦巡回控訴裁判所(CAFC)は、Googleによる複製はフェアユースに該当しないとの判断でしたが、連邦最高裁判所は、この判断を覆してフェアユースを肯定しました。

今回のモーニングブリーフでは、本判決の概要をご説明し、本件のようなコンピューターコードに関するフェアユースについて検討したいと思います。

奮ってご参加いただきますようお願いいたします。

第46回イノベンティア・モーニング・ブリーフの詳細

日 時 2021年10月26日(火)
7:30-8:30
場 所 Zoomによるウェブセミナー
(ご参加の皆さまには、前日までにZoom会議ご招待をメールで送信させていただきます。)
参加費 無料
テーマ Google v. Oracleフェアユースに関する考察
講 師 小和田 敦子
詳 細 セミナー案内のページへ
お申込み お申込みフォーム
  • 上記時間中、随時参加・退出していただけます。

イノベンティア・モーニング・ブリーフとは

イノベンティアでは、1ヶ月に一度程度、軽食を取りながら弁護士が最新の法務トピックをお話しし、その後参加者の皆様とディスカッションする機会を設けています。 途中参加、途中退室自由です。出勤前のひととき、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

  • COVID-19感染症拡大防止のため、当面はウェビナー形式で開催いたします。

お申込みとお問合せ

ネットでのお申込み

 ネットでのお申込みは、お申込みフォームから

イノベンティア・モーニング・ブリーフに関するお問合せ

 イノベンティア・モーニング・ブリーフに関するお問合せは、お問合せフォームから