御社の技術とブランド、そして事業を守ります

審決を取り消す判決の進歩性判断に関する理由中の判断の拘束力 – 著作・出版詳細情報

  • HOME »
  • 著作・出版詳細情報

著作・出版詳細情報 知的財産法 紛争解決
審決を取り消す判決の進歩性判断に関する理由中の判断の拘束力
知財管理68巻(2018年)9号1275頁

内  容

特許審決を取り消す判決は特許庁を拘束し、その範囲は、判決主文が導き出されるのに必要な事実認定及び法律判断にわたる。他方、進歩性は多分に規範的評価の対象たる事実であって、複雑な判断経路を経て認識されるものである。また、判決では、進歩性について完結的判断が示される場合もあれば、判断過程の誤謬が指摘されるにとどまる場合もある。そのため、進歩性判断を含む取消判決について、具体的な拘束力の範囲を確定することは必ずしも容易でない。また、審決取消訴訟には、メリヤス編機事件最判に由来する審理範囲の制約が存在し、これも拘束力の範囲に影響を及ぼすと考えられている。本稿は、知財高判平成29年11月21日平成29年(行ケ)第10003号を題材に、拘束力の範囲を巡る問題点の整理をするとともに、実務的教訓を得ることを目的とする。

概  要

種 別雑誌・紀要その他の書籍掲載記事  PDF
弊所執筆者

飯島 歩・著

弁護士法人イノベンティア シニア・パートナー
弁護士・弁理士・ニューヨーク州弁護士
京都大学 法学部 / 卒業 (法学士) (1992年9月)
デューク大学 ロースクール / 修了 (LL.M.) (2001年5月)
特許庁 制度改正審議室 / 法制専門官 (2002年7月-2003年6月)
弁護士法人イノベンティア / シニア・パートナー(代表社員) (2016年4月-2017年8月)
弁護士法人イノベンティア / シニア・パートナー (代表社員兼イノベンティア・グループ代表) (2017年9月-)
取扱分野: 知的財産法・紛争解決

掲載書籍知財管理68巻(2018年)9号1275頁
出版社一般社団法人日本知的財産協会
出版年月2018年9月
法律分野知的財産法 紛争解決

関連情報

飯島 歩 の著作・出版情報
著作・出版(出版年別)
著作・出版(執筆者別)
著作・出版(法律分野別)
  • facebook
PAGETOP
Copyright © Innoventier All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.