御社の技術とブランド、そして事業を守ります

契約審査総合アウトソーシング「InnoReview Plus」

  • HOME »
  • 業務紹介 »
  • 契約審査総合アウトソーシング「InnoReview Plus」

イノベンティアの契約書レビュー・総合アウトソーシング・サービス
InnoReview Plus(イノレビュー・プラス)のご案内

契約審査総合アウトソーシング・サービス「InnoReview Plus」とは

InnoReview Plus(イノレビュー・プラス)」は、各クライアント様より好評をいただいているInnoReview(イノレビュー)に契約書修正サービスを加えた新たなサービスです。定額制*簡単発注等のInnoReviewのメリットはそのままに、契約交渉の過程で生じる追加コメントやリバイズ(修正)作業に、交渉終了まで、何度でも、対応します。

本格的な契約審査アウトソーシング・サービス「InnoReview Plus(イノレビュー・プラス)」をぜひご利用下さい。

  • *リバイスの回数で料金が増額されることはありませんが、審査対象となる契約書の量により超過料金が発生することがあります。

 

InnoReview Plusの特色

InnoReview Plusとは

InnoReview Plus(イノレビュー・プラス)は、イノベンティアによる契約書レビューの総合アウトソーシング(外注)サービスです。定額制*や、専用メールアドレスによる簡単発注など、さまざまな工夫により、法律事務所による契約審査・修正をお手軽にクライアント様の業務フローに組み込むことができ、契約審査・修正の精度向上、法務・知財部員の負担軽減スキル向上、そして、固定費の削減を実現します。

  • *リバイスの回数で料金が増額されることはありませんが、審査対象となる契約書の量により超過料金が発生することがあります。

InnoReviewとの違い

従来のInnoReviewは、サービス内容を契約書のレビューに絞り込んだことにより、リーゾナブルな価格で企業法務・知財に特化した弁護士による迅速な契約審査を受けることができ、また、利用しやすい発注から納品までのプロセスを採用したサービスです。

他方、InnoReviewをご利用いただいているお客様から、契約締結交渉の中で生じる条項の修正も含めたサービスを提供してほしいとの声をいただいていました。

InnoReview Plus(イノレビュー・プラス)は、このようなクライント様のご要望にお応えするべく、InnoReviewの利便性はそのままに、契約書レビューサービスに加えて、リーゾナブルかつ定額制*契約書リバイズ(修正)サービスを提供します。

  • *リバイスの回数で料金が増額されることはありませんが、審査対象となる契約書の量により超過料金が発生することがあります。

InnoReviewご利用者のみなさまへ

従来InnoReviewをご利用の皆様には、契約期間中であっても、残日数分の差額のみをご負担いただくことにより、InnoReview Plus(イノレビュー・プラス)にアップグレードさせていただきます。
ご希望のクライアント様は、専用メールアドレスを通じてご連絡いただきますようお願いいたします。

 

InnoReview Plusはこのようなお悩みを解決します

契約審査業務の負担が重い
「契約審査の工数が多いため、熟練の法務・知財部員が重要案件の検討に十分な時間を割くことができない」
「法務・知財部員が忙しすぎて、弁護士に依頼する時間もない」
契約審査スキルを持つ社員がいない
「契約審査のスキルを持った社員がおらず、雇いたくても良い人がいないため、取引条件を確認するだけで契約を進めており、いつも不安に思っている」
「契約内容が高度化してきたため、企業法務に特化した弁護士による契約書のレビューを通じて、契約審査のノウハウを学びたい」
間接部門の固定費を削減したい
「外部サービスを利用することによって法務部のルーティンワークを削減し、少人数で効率良く執務できる体制を維持したい」
「法務は人手不足だが、人員増による固定費増加は避けたい」
英文契約書のレビューができない
「英文で契約を締結することが増え、相手先企業からしばしばドラフトが送られてくるようになったが、審査できる社員がいない」
「英語の読み書きはできるが、法律文書固有の表現の意味が理解できない」
弁護士依頼の準備や費用調整が面倒
「契約書のレビューを弁護士に依頼したいが、説明資料の作成や訪問日程の調整などで時間を取られ、かえって手間がかかる」
「弁護士費用は予想外になることもあるが、発注の都度見積もりを取ったり、社内調整するのも煩雑だ」
知財関連の契約審査を依頼したい
「審査対象となる契約書は知財に関するものが多いが、対応できる弁護士がいなくて困っている」
「特許事務所に契約書のチェックを依頼するのは不安がある」
法務・知財のピンチヒッターが欲しい
「突然退職してしまった法務・知財部員の代替人員を確保するまでの間、期間限定で誰かに契約審査を肩代わりしてほしい」
弁護士からの回答に時間がかかる
「弁護士に依頼すると、回答までに長く待たされ、迅速な判断ができない」
「顧問弁護士はいるが、専門的な質問をすると調査に時間がかかる」
地元に適切な企業法務・知財弁護士がいない
「地元に、国際的な企業法務や知財法務を取り扱える弁護士がおらず、かといって大都市まで依頼に行くのは負担が重い」

 

InnoReview Plusが選ばれる理由

企業法務と知財に精通した弁護士によるレビュー
企業法務と知財に精通した弁護士に契約審査をアウトソースすることにより、法務・知財部員を増員しなくても高精度の契約審査ができ、また、社内人員を重要案件に集中させることができます
日本語と英語、どちらの契約書にも対応
英文契約書のレビューをアウトソースすることにより、社内で国際法務の経験者を抱えることなく、安全に海外企業と取引をすることができます。対応言語は今後拡大する予定です
発注は専用メールアドレスに送信するだけ
契約書レビューの発注は、各クライアント様に割り当てられた専用メールアドレスにメールを送信するだけです。面倒な説明資料の準備や日程調整は必要ありません
社内業務フローに組み込める定型のレポート
レビューの結果は、クライアント様ごとに、そのご要望に従って作成する専用の定型レポートまたは審査対象となる契約書に直接コメントを書き込む形でお返ししますので、簡単に社内の業務フローに組み込むことができます
最適の弁護士による正確迅速なレビューと修正
契約書の内容に応じて、最適かつ速やかに対応できる弁護士にレビューや修正が割り当てられるため、迅速に正確な審査結果が得られます
見積不要で発注できる定額前払制料金体系
InnoReview Plusの料金は、月額65,000円(税別)からの定額料金制。発注量が多く、超過料金が発生する場合でも、受注の都度ご利用状況をお知らせするため、前もって見積りを取得する必要がありません。
無駄なくお得な利用に複数月の「おまとめ払い」
月額料金を、3ヶ月分、6ヶ月分、1年分と前払いしていただくお得なおまとめ払いプランもあります。発注量を長期間で調整できるため、月による作業量の波を吸収でき、料金の無駄や超過料金が発生しにくくなります
全国どこからでも、期間限定でも利用可能
サービスがメールで完結するため、全国どこからでも利用可能です。また最小1か月の契約期間からお受けしていますので、法務・知財部員の突然の退社などに伴う臨時の利用も可能です
ニーズを汲み取る心のこもったサービス
メールのやり取りで完結する契約書のレビューとはいえ、熟練のプロが必要に応じてクライアント様にコンタクトし、ニーズを拾い上げながら心のこもったサービスを提供します

 

InnoReview Plusのサービスの流れ

ご契約の流れ

まずはお問い合わせください
InnoReview Plusに興味をお持ちいただきましたら、まず、イノベンティアにお問い合わせください。説明のため、イノベンティアよりご連絡を差し上げます。お問合せはこちらから
    
説明と契約締結
イノベンティアからご説明を差し上げた上で、サービス内容にご納得いただきましたら、クライアント様とイノベンティアとの間で契約を締結いただきます。
    
専用メールアドレスの発行
契約の締結が終わると、クライアント様に専用のメールアドレスを発行いたします。このアドレスに審査対象となる契約書をお送りいただくこととなります。
    
レポートの書式決定
契約審査の結果をクライアント様にお知らせするレポートの書式を決定します。ひな形から選んでいただく形でも、すでにお持ちの社内書式を加工する形でも対応いたします。なお、審査対象となる契約書にコメントを記入する形式で審査結果をお知らせすることも、その都度返答の形式を変更することも可能です。

 

審査業務の流れ

専用メールアドレスに簡単発注
レビューしたい契約書をメールに添付し、専用メールアドレスに送信するだけで発注できます。もし、納期や、レビューを担当する弁護士にご希望がある場合には、その旨メールに記載してください(必ずしもご要望に沿えるとは限りません。)。また、過去に関連する案件がある場合には、その旨書き添えていただけると、必要に応じて過去の資料を参照します。もちろん、関連情報や気になることをメールに書き添えていただけると、それらを踏まえてレビューします。
    
ユニット数と納期のお知らせ
メールを受け取りましたらその契約書の「ユニット数」と納期をお知らせします。ユニット数は、コース別料金ごとの作業上限を決める基準です。詳細については、「料金計算の詳しい仕組み」をご参照ください。納期は、受注した日の翌日から3営業日以内を原則としますが、内容が複雑な場合や長い英文契約書の場合には、それ以上の日数をいただく場合もあります。
    
契約書のレビュー・修正
イノベンティアにて、契約書のレビュー・修正を行います。その過程で、必要に応じ、クライアント様に背景事情などのお問合せをすることがあります。
    
定型レポートまたは修正案による回答
レビューが完了すると、各クライアント様専用の定型書式にて、審査結果を記載したレポートをお送りします。レポートの内容に関するご質問は、追加料金なしでお受けします。レポートに換えて、審査対象となる契約書に直接コメントを記入する形式も選択いただけます。
    
契約相手方との交渉状況により何度でも定額で修正(InnoReview Plusの特徴)
コメントや修正案に沿って契約相手方との交渉をし、修正案が示されたときは、それに対し、何度でも、更なるコメントと修正対応をします。

 

InnoReview Plus料金体系

InnoReview Plus(イノレビュー・プラス)の料金は、月額65,000円(税別)からの定額前払料金制です。レビューする契約書の量が料金額ごとの上限に達するまでは別途料金が発生しませんので、細かな契約書のチェックのたびに見積りを取る必要はありません

 

コース別月額料金

InnoReview Plus(イノレビュー・プラス)は、豊富な料金コースをご用意しています。各クライアント様のニーズに応じて、ご選択ください。

料金コース
(円・税別)
1ヶ月あたりのレビュー量の目安
65,000 日本語の契約書1~2通程度または比較的簡単な英文契約書1通程度
104,000 日本語の契約書2~3通程度または英文契約書1通程度
130,000 日本語の契約書3~5通程度または英文契約書1~2通程度
260,000 日本語の契約書3~5通程度及び英文契約書1~2通程度
390,000 日英の契約書をあわせて8~10通程度
650,000~ 契約件数の多い企業様において、弁護士による契約審査を社内業務フローに本格的に組み込みたい場合のコースです。ご要望に応じた料金体系をご用意いたします。

利用量に波のあるクライアント様のための「おまとめ払いプラン」

月額料金を、3ヶ月分、6ヶ月分、1年分と前払いしていただくお得なおまとめ払いプランもあります。特に、130,000円以下のコースを利用される場合には、3ヶ月以上のおまとめ払いが効率的です。

おまとめ払いプランには、以下のメリットがあります。

料金の無駄や超過料金を避ける効率的なサービス利用
おまとめ払いの対象期間を通算して作業量の上限が決まりますので、月によって利用量に波がある場合でも、料金の無駄や超過料金が発生しにくくなります。また、長期間で計画的に発注することにより、効率的なサービスの利用が可能になります。
作業量の上限枠拡大によるお得なサービス利用
おまとめ払いの期間が長くなるほど、同じ料金コースでも作業量の上限枠が大きくなるように設定していますので、お得にサービスを利用できます。

 

他のサービスとの連携

InnoReview Plus(イノレビュー・プラス)は、契約書のレビューと修正に特化した契約サービスで、契約審査業務の相当部分をまかなうことが可能ですが、より戦略的なアドバイスを希望されるときや、レビューの結果、契約書の修正作業や、相手先との交渉に関するアドバイスを希望される修正を超えたドラフトを希望されるときは、シームレスにそれらのサービスを提供いたします(別途料金が発生します。)。

契約書の修正、ドラフトや交渉アドバイスなどには、イノベンティアの総合法律支援契約「InnoCounsel(イノカウンセル)」も、ぜひ併せてご利用ください。

 

料金計算の詳しい仕組み

InnoReview Plus(イノレビュー・プラス)では、契約書の言語に関わらず、「ユニット」という単位で発注量を計算し、料金コース・おまとめ払いプラン別に定められた上限ユニット数までは、定額料金以外発生しません。ご利用いただいたユニット数は、発注の都度お知らせし、また、クライアント様にも簡単に計算できますので、利用時に発注計画を立てることができますし、見積り取得の手間も大幅に削減できます。

上限ユニット数を超過した場合でも、ユニットを用いた簡単な計算方法で超過料金を計算できるため、クライアント様において、発注前に概算費用を把握することが可能です。

「ユニット」とは

「ユニット」とは、異なる言語の契約書間で料金体系を統一するための単位です。現時点では、日本語と英語の契約書が対象となっており、具体的には以下のとおりとなっています(今後、他の言語にも拡大する予定です。)。

日本語 180文字/1ユニット
英 語 35ワード/1ユニット

料金コースと上限ユニット数の関係

InnoReview Plus(イノレビュー・プラス)の料金コースと、各コースに対応する上限ユニット数は、以下の表のとおりです。月額料金が大きくなると、金額あたりの上限ユニット数も多くなりますので、よりお得に利用できます。

以下の表では、月額料金ごとに、どの程度のページ数の契約書をレビューすることができるか、およその目安を示しました。表にない月額料金については、お問い合わせください。

料金コース
(円・税別)
65,000 104,000 130,000 260,000 390,000 650,000
上限ユニット数 61 99 125 256 390 658
目安ページ数(日本語) 12.2 19.8 25.0 51.2 78.0 131.6
目安ページ数(英語) 6.1 9.9 12.5 25.6 39.0 65.8

*ページ数は、日本語は1頁900文字、英語は1頁350ワードで換算した目安です。

 

おまとめ払いプランと上限ユニット数の関係

月額料金をまとめてお支払いいただくと、ボーナスユニット数が加算され、上限ユニット数がお得になります。また、お支払いいただいた期間でユニット数を通算するため、無駄なくサービスをご利用いただけます。

おまとめ払いの場合の上限ユニット数については、以下の表をご参照ください。おまとめ払いの期間が長ければ長いほどボーナスユニット数が多くなります。

料金コース
(円・税別)
65,000 104,000 130,000 260,000 390,000 650,000
毎月払い 61 99 125 256 390 658
3ヶ月払い 186
(+3)
302
(+5)
381
(+6)
780
(+12)
1,185
(+15)
2,004
(+30)
6ヶ月払い 378
(+12)
609
(+15)
769
(+19)
1,578
(+42)
2,400
(+60)
4,056
(+108)
1年払い 764
(+32)
1,236
(+48)
1,560
(+60)
3,204
(+132)
4,860
(+180)
8,220
(+324)

*括弧内の数字は同一月額料金で毎月払いをした場合と比較したボーナスユニット数を意味します。

 

超過料金

お支払いいただいた期間中にレビューした各契約書のユニット総数が各料金の上限ユニット数を超えた場合は、超過したユニット数について、1ユニット当たり1,270円の超過料金が発生します。超過料金は毎月、別途ご精算いただきます。

 

注意事項

InnoReview Plus(イノレビュー・プラス)は、サービス内容を契約書のレビュー・修正に絞り込んだことにより、リーゾナブルな価格で企業法務・知財に特化した弁護士による迅速な契約審査を受けることができ、また、非常に利用しやすい仕組みを採用したサービスです。他方、そのような設計のために、以下の各制限が生じますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

  • 契約書の再ドラフトや面談等による交渉戦略アドバイスなどは別料金となります。再ドラフトや面談等による交渉戦略アドバイスには、ぜひ、総合法律支援サービス「InnoCounsel(イノカウンセル)」をご利用ください。なお、レポートや修正案の内容に関するご質問は、何度お問合せいただいてもInnoReview Plusの料金に含まれます。
  • 納期は、通常の場合、発注の翌日から3営業日ですが、審査する契約書の内容や量により、5~10営業日程度を要することがあります。
  • レビューを担当する弁護士は、契約書ごとにイノベンティアが選任しますので、常に同じ弁護士が担当するとは限りません。ただし、1件の契約書については、原則として最後まで同じ弁護士が担当します。
  • 迅速にサービスを提供するため、外部の協力弁護士に作業を分担させることがあります。この場合において、イノベンティアは、InnoReview Plusのサービスを提供するのに十分な能力を持つ弁護士を選任し、提供したサービスについては、イノベンティアが責任を負担します。
  • お支払いいただいた料金は、毎月払いかおまとめ払いかを問わず、また、途中解約その他理由のいかんを問わず返金いたしかねます。
  • 3ヶ月以上のまとめ払いの契約の場合であっても、作業量が上限ユニット数を超えたときは、超過したユニット数について、その月から超過料金の請求が発生します。
  • 発注いただいた作業量が上限ユニット数に届かなかった場合においても、翌月(おまとめ払いの場合には次の対象期間)に残ユニット数を持ち越すことはできません。
  • 外国法固有の問題については審査の対象外です。契約書の準拠法が外国法の場合に、当該準拠法固有の問題について調査を希望される場合には別料金となります。
  • レビューの対象となる契約書のファイル形式は、MS Wordで読み込めるものが最適です。テキスト情報のないPDFの場合、文字認識ソフトを使ってテキスト情報化し、それが正しいものとみなしてユニット数を計算するため、多少の誤差が生じることがあります。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Innoventier All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.